Menu

私たちはここに関わる方々の
関係性を大事にする会社です

Good Place to Work


はじめにつたえたいこと

Message

私たちは、「私たちのチームや関わる方々との関係性をより良くすること」を一番大切にしています。一見、当たり前のことかもですが、この当たり前を追求していく会社がSTARRY SKYです。


~互いの存在意義をミックスさせていく~

「○億円稼げる企業になる」など、もちろん企業活動として利益を上げることは大切ですが、それよりも当社は、「どんな価値を世の中に提供していきたいのか」「私たちの組織はより良い組織を目指しているか」という問いをもっと大切にしています。また、「会社の方向性に納得しているか」「自分ごととして考えられるか」という働く方々の視点も大事にしています。これらの問いを日頃から見つめ直し、互い(会社と働く方々)の存在意義を深め、ミックスさせていくことによって、より働きやすい関係性や職場環境を築いていくことを推し進めていきます。


~より良い関係性がより良いサービスを生む~

素晴らしいサービスを生み出すことも必要なことですが、それ以上に私たちはここで働く方々や関わる方々の関係性を一番に尊重します。より良い関係性の中で業務を進めるができれば、自然と素晴らしいサービスが生まれ、その質も上がり、その結果としてお客様に満足いただくというプロセスが継続されていくと私たちは考えています。

存在意義:私たちが活動することで、世の中にはどんな良い影響があるの?

Purpose

私たちSTARRY SKYは教育活動やその場づくりを通じて「自ら答えを探していく主体的な人材」を育みます。

情報が溢れる昨今。その膨大な情報の中から、好奇心を持って、正しい情報を集め自ら答えを探し求める人々が増えると社会はどうなるでしょうか。
主体的に動く人々は、人生、仕事、遊びにとても前向きです。きっと今の環境や社会を少しでも良くしようと変えていくに違いありません。
そういった人々をたくさん増やしていくために、私たちは事業活動を続けていきます。

私たちの働き方

Our Style

ここで働く皆さんに意識していただきたい
8つのプレイスタイルがあります。

  • 自ら学ぶ

    わからないことは自ら調べていく。わからないことは素直に聞いていく。私たちはひとり一人の学ぶ姿勢をとても大事にします。

  • 気持ち重視

    心が踊るアイディアはずっと冷静ではたして生まれるでしょうか。 時には心の声を聴いて感情的に。(冷め過ぎた「大人」にならないように)

  • 誠意ある話し方

    威張る人間は当社には誰一人必要ありません。役職関係なく相手に誠意をもって話すことを意識します。

  • 一旦立ち止まる

    「この仕事は何のために?」「今は働きやすい?」など伝え合い、一旦立ち止まること。 腑に落ちないことを抱え込まないようにします。

  • 意思決定

    現場を全く知らない方は、なるべく意思決定に関わらないように。現場を知る方が課題解決を考え実行していくようにします。

  • 新ルール

    社内のためを思って、根拠があって新しい制度やルールをつくれる方、それらをまわりに浸透させられる方はとっても大事な人財です。

  • 無意識の偏見

    「○○高校の生徒はこんな特徴がある」とか言い出したら、それは事実でしょうか?個性はひとり一人違いますよね。アイコンシャスバイアス(無意識の偏見)が出てきた時は要注意しましょう。

  • 仕事を楽しむ

    「綺麗事だよそんなの。」では何も変わりません。そして、いつかどこかで誰かがそうすると期待しても何も変わりません。出勤することが楽しみな会社を一緒につくりましょう。(幸せに働く個人が増えれば、社会は良くなっていく)


リーダー層が気をつける8つの注意点

① ダブルバインド(二重拘束)

例えば「なんでも相談して」と言いながら相談したら、「それくらい自分で考えて」というリーダー。 聞き手は2つの矛盾したメッセージを受け取ることで困惑、時に混乱もします。
自分はダブルバインドを行なっていないと過信せずに、言動矛盾がないか周囲に相談をしてみましょう。

② トーション・オブ・ストラテジー(戦略のねじれ)

リーダーから伝えられた情報・方針が資料やメールで報告・共有される内に、少しずつ内容が変わり、現場まで行き着いた時には、本来の意図とはまったく違う形で表現されていること。「伝えた」だけでは「伝わっていない」場合もあり得ます。「伝わったかどうか」確かめることも重要です。

③ 分かったフリで勝手な解釈をふりまく

よくわかっていないにもかかわらず、自分の解釈でまわりに説き伏せること。
高いプライドからか、本当はわからないことがあっても自分の解釈を加えて答えようとしてしまいます。わからない時は素直にわからないと丁寧に聞き合いましょう。

④ オーバーサクセスシェア(成功情報だけ伝え過ぎ)

成功している情報を伝えることがダメなわけではありませんが、一方でサクセスシェア(成功事例の共有)を過度にしすぎると、現場はどれを信じていいか混乱します。また失敗経験などをシェアせずに、あまりに成功事例のシェアだけを行うと「成功=絶対善」という社風になっていくことも。それは失敗が許されない組織文化になりがちなので要注意です。

⑤ ネガティブコミュニケーション(悲観的会話)

リーダーも人間です。事業がうまくいかなかった時、家族と何気ない喧嘩をした次の日など時には、やっぱり凹んでいます。しかしそれでも、ネガティブなことばかり伝えてはいけません。弱さを見せることはいけないことではありませんが、悲観的になり続けることはやめましょう。気持ちを切り替えることも必要です。

⑥ 役割の衝突(コンフリフト)

職場環境を良くするため、業務を円滑にするために、意見をぶつけ合う時は、自分のことばかり言うのではなく、相手のことを思う気持ちを忘れずに。また、複数のリーダーから、それぞれ違う指示を出すと、現場は必ず混乱します。指示系統は誰がどのように出すか、複数に渡って指示を出し、役割が衝突していないか、きちんと確かめましょう。

⑦ むやみに仕事を制限する

「こうすれば現場はうまくいく。だから、こうやりたいです」と、根拠を持って伝えてきた方に対して、それは違うと頭から否定し、仕事の制限してしまうことは最も愚劣な行為です。もちろん理由なくただやりたいではいけませんが、根拠があり、自信がある内容なら喜んで応えていきましょう。

⑧ 気づかぬ内にハラスメントの加害者にならない

自身の価値観は確かに大事です。しかし、「昔はこうだっからこうしなさい」など、自分理論の押し付けとなれば話は全く別です。また、人格否定、理由も聞かずに価値観を否定するなども以ての外です。現代は様々なハラスメントがあります。気づかぬ内に加害者にならないための言動には注意をする必要があります。


〜働く環境はリーダー層が意識して変える姿勢を持つこと〜
平成から令和になりました。時代とともに過去の働き方から私たち自身が意識をして新しい働き方にシフトしていかなければならないと考えています。
これまで「当たり前」と言われたことや、「過去の常識」にとらわれてはいけません。決して甘やかすのではなく、また綺麗事でもなく、「働く環境を良くしていくために」。
ここで働く方々と一緒に新しく創り上げていこうとする意識と行動を私たちは大切にします。
経営者、上司、リーダーにも誰にでももちろん失敗はありますが、8つの注意点を日々意識して、現場でコミュニケーションエラーがないように、 働く方々みなにとって自分自身を大切にできる経営環境を目指します。

〜老子の言葉〜
太上(たいじょう)は下これあるを知る。
その次は親しみてこれを誉(ほ)む。
その次はこれを畏(おそ)る。
その下はこれを侮(あなど)る。

老子は、ただ「いる」ことを知っているだけで、普段は存在すら意識されない、いわば空気のようなリーダーが最も理想的だと伝えています。
「部下はその存在を知ってはいるものの、それを負担に感じることはない。」部下が上司の存在を感じないと思えるほど、上司はその存在感を消します。これは上司が何も仕事をしないということではありません。部下は上司の顔色を伺うことなく、思い切って主体的に働けるような環境を上司が作ることを意味します。こういった職場環境や社風をつくっていくことができる人財こそ当社が求めるリーダー像です。

私たちの事業

Solution

カフェスタイル学習塾「POLARIS」運営事業

POLARISの特徴
・学習意欲が高まるカフェスタイルな学習空間
・生徒個別の目標に合わせたオーダーメード学習カリキュラム
・自ら学ぶ力を養う1対1のコーチング
・社会の中で活きる力を育む各種ワークショップ

POLARIS HP
https://polaris.starrysky2020.com

会社概要

Corporate Profile


Origin of Company Name(社名の由来)
当社の社名“STARRY SKY”は“星空”を意味します。
“星空”には、無数の星々があります。その星々を私たちは「人や事業」に見立てています。
星々を見守りつつ、育み、そして、輝かせていき、世の中にキラッと発信させていくこと。それが社名の由来です。
あっ!今、新しい惑星がまた見つかりました!
さぁ!みんなで輝かせにいこう!

  • 会社名株式会社STARRY SKY
  • 代表取締役奥村優樹
  • 資本金100万円
  • 事業内容カフェスタイル学習塾の運営
    コワーキングカフェの運営
    大学生プロジェクトの開発・推進
    他、面白い!と考えたこと!
  • 所在地〒570-0094大阪府守口市京阪北本通1-20-109
  • 代表番号06-7222-2993
  • ● なりたい自分になるために 

    さて、突然ですが、私たちは何のために勉強しているのでしょうか。
    学生の方なら誰もが一度は悩んだ経験がありませんか。
    どうせ勉強するなら「勉強の意味」や「するべき理由」をしっかり理解してやったほうが良いと思いませんか?

    私が考える「何のために勉強するのか?」の答えは、「なりたい自分になるため」です。

    「あこがれの職業につきたい」
    「結婚して幸せな家庭を築きたい」
    「お金持ちになりたい」

    しかし、なりたい自分になるためには、「自ら学ぶ力」を身につける必要があります。(自分から机に向かう時間をつくる習慣が重要です)
    そして、小学生、中学生、高校生にとって、その力を日常学習や大学受験を通じて身につけることこそが、「学びの本質」であり「原点」だと考えています。これは受け身の学習スタイルからの脱却であり、この力があればあるほど、将来どの世界でもどの仕事でも通用すると心から思っています。

    カフェスタイル学習塾POLARISは、こういった学びの原点を大切にする学習塾です。
    塾には「志望校に合格するため」「成績を上げるため」というミッションがありますが、加えて、自身で学ぶ力を養い培うこと。特にこの点をPOLARISでは追求しています。

  • ● 学ぶ気持ちを高める空間 

    POLARISには、新しい学びのスタイルを求めて、たくさんの方々が集まっています。
    特徴として、内装はカフェスタイルをとことん追求し、この場で学びたいという雰囲気の中で自習に励むことができる環境にしています。
    環境や空間って実はとても大切なんです。
    「環境のせいにするな」と言われる方もいますが、そうではありません。
    たとえば近年、働くオフィス空間の見直しもどんどん進んでいます。
    働く方が心地よく仕事ができることで業務の成果やモチベーションが上がることについては、専門家の研究結果でも明らかになっています。
    そこで、ワークプレイス(仕事空間)をスタディプレイス(学びの空間)に置き換えてみました。
    学びやすい空間とはどういった空間か、どういった環境にすれば自習が捗る場となるか、それらをカタチにすることで、学びの質を上げていくことを私たちは真剣に考えました。
    「こういう雰囲気で学びたい」「この環境で学びたかった」「この塾はまた来たくなる」と思える空間の創造から、学びの意欲を高める空間作りに力を入れました。

  • ● コーチと一緒に学ぶ力をつけていく 

    カフェスタイル学習塾POLARISでは、専属コーチが質問対応だけでなく、生徒のスケジュール確認や勉強の進捗具合を1対1の伴走型でコーチングをします。
    勉強の仕方がわからない。本当に身についているか疑問。そういった方に対して、コーチが親身に対応します。
    参考書への対応については膨大な量よりも、1つ1つ、1ページ1ページをクリアしていくようにします。クリアできれば、「できた!」という感覚を身体で覚えるようになり、新しい課題へ向かい、その行為を続けていくようにします。
    そして、コーチとのやりとりから、自身で勉強の計画を立てること、勉強の仕方を改善することまでできるように求めていきます。
    これを繰り返すことで「自分で気付き覚えていき改善していく力」を養ってきたことが肌でわかるようになります。そういった良質な学びの癖を若い間に身につけるように促します。

    生徒たちが大学や社会に出た時も、受け身のまま物事を覚えていくのか。
    一方で、自分から課題を見つけ、知ろうとして調べ、改善させ覚えていくか。
    後者の力があればあるほど、なりたい自分に近づけることができると思います。

    日常学習から本格的な受験勉強まで行いつつ、「自学自習の力」を身につけること。この力はみなさんの人生において一生ものの財産となります。ここがPOLARISの教育の根幹であると考えています。

  • ● 集中と緩和、多様な学びを 

    ただ、受験勉強だけでは心身ともに集中し過ぎて疲労やストレスが溜まります。
    そこで、脳を緩和させる時間として様々なオプションコースもつくりました。たとえば、POLARISでは不定期でダンスのワークショップコースがあります。時には身体をおもっきり動かしてみる、また、リラックスする緩和の時間も適度につくることで勉強したことが身体に染み込むとも言われています。
    勉強と同時平行して、「色々体験してみたい!」「一度だけでもやってみたかった!」という方にとっては、とても面白く興味を持って取り組めるオプションコースを今後も開発していきます。
    特に、ワークショップの講座では、自分の言葉で考えたことをまとめ話せる力や、まわりの話を傾聴する力などを育むグループワークやファシリテーション、また自己紹介の仕方や「なぜ大学に行くのか?」ということなど自身で突き詰めて学ぶ機会もつくっています。また、不定期となりますが記憶力などが求められるボードゲーム、カードゲーム大会も行っています。
    こういったコングロマリット(複合的)な塾のスタイルはこれからさらに需要が伸びると私たちは考えています。

  • ● POLARISは、従来の塾という領域からさらに一歩広げた世界観へ 

    POLARISには、壁に「目指せ!合格!」「○○名○○大学に合格!」などといった貼り紙は一切ありません。それはカフェスタイルをコンセプトとしているため、そのイメージが壊れるからです。
    また、「情熱」や「諦めない心」といった気持ちを煽る表現もありません。見せかけの言葉だけ並べるのではなく、本人自身の中からそれらが芽生えていくことが一番重要と考えているからです。
    一流の講師が現場にわざわざこの場にいる必要もありません。
    インターネットやテクノロジーの発展は著しく、今や一流の講師の授業が映像授業として分かりやすく受けられるからです。私たちは現代の学習テクノロジーを活用します。

    そしてコーチと一緒になって、自身で勉強を進めていける力を身につけていくようにします。

    POLARISは、塾業界にとって新しい学びのスタイルを提供できるものと考えています。ここは学びたい気持ちを高める空間として、教育の本質的な学びを提供できる場だと自負しています。これまで「塾なんて行きたくない」という方こそ、私は参加して欲しいと思っています。

    私の学生時代は詰め込み教育全盛期で、テストの点数が高ければ、それが良しとされてきました。しかし、時代は急速に変わっています。これまで人間がしてきた仕事をAIが行なっていくようになります。今の子どもたちが大人になった時、さらに社会のスピードは早まることは間違いありません。むしろ、これからの日本でたくましく生きるには、「自ら学ぼうとする力」が過去よりも求められる時代になったと思われます。

    POLARISで培えることはたくさんあります。ここでたくさんの学びや仲間を得て、大学や社会で存分に活躍して欲しいと私たちは心から願っています。

    ぜひPOLARISへお越しください!
    ここで自らの学びを一緒に創っていきましょう!

採用について

Recruit

私たちのOur Style(私たちのプレイスタイル=働き方)及びPurpose(存在意義)に対して、「自分ごと」として考えていただける方と私たちは一緒にお仕事がしたいと考えています。
これから私たちの事業拡大を一緒に推進していただくお気持ちのある方はぜひお問合せください。

  • ■募集内容 
    • 職種コーチ長(経営マネージャー候補)
    • 雇用形態正社員・契約社員
    • 業務内容カフェスタイル学習塾「POLARIS」運営業務全般
      保護者対応、コーチ対応、スタッフ採用や教育、マニュアル作成
      販促広報、直営店、FC店の推進など
    • 応募資格弊社の理念などに共感しており、「自分ごと」として取り組める方。業界経験は問いませんが、教育業界にいた方は歓迎します。
    • 勤務地POLARIS守口教室
      大阪市営地下鉄谷町線「守口」駅 徒歩2分
      京阪電鉄「守口市」駅 徒歩8分
      ※ 勤務地が変更する場合もありますが、事前に相談の上決めていきます。
    • 勤務時間① 11:00~ ② 13:00~ ※時間帯については相談の上決めていきます。
    • 給与18万円〜
      ※これまでの経験・スキル・前職給与に応じて給与を決定いたします。
      ※成果が出ればもちろん昇給があります。頑張りを給与に反映します。
    • 休日週休3日(水曜日・日曜日・他)
      毎年11月の第1週目オール休暇
      夏季休暇・年末年始休暇・バースデー休暇・有給休暇・慶弔休暇
    • 待遇社会保険完備
    • 面接内容面接方法合計2回の面接を行う予定です。1回目はご経験やお人柄について、対話メインで行います。2回目の面接となりましたら、実際にどうような業務を行うかということについて、労務条件について、きちんと互いに決めた上で採用をする流れとなります。
    • 入社後入社後は、POLARISでの業務を学んでいただくため、まずは研修を行います。現場でのコーチ業務に慣れてきた後は、実際にPOLARISでできることなどをマネージャークラスと一緒に考え計画し、実行していきます。


お問い合わせ

Contact

必須氏名
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
必須送信確認